交通事故の被害

専門家に頼むべきかどうか

10月
27

損害賠償にしても慰謝料にしても、さまざまな点をきちんと整理し、考える必要があります。しかし、なかなか素人での判断は難しく、不安になってしまうもの。かといって、弁護士や行政書士に依頼して慰謝料が増額したとしても、雇う金額もまたかさんでしまいます。そこで、依頼する、しないの判断はひとまずおいておき、まずは相談してみることをお勧めします。

弁護士に依頼するのはハードルが高い、と思うかもしれませんが、場所によっては無料相談を受け付けてくれるところもあります。いきなり依頼する、と思わずに、まずは今の状況を相談してみましょう。交通事故の案件で実績のある人や得意な人を選ぶのがベストです。

弁護士に支払う費用は、場合によっては減額することもできます。たとえば、民間の保険に入っている場合は、「弁護士特約」に入っておけば安心。弁護士を雇う際にかかる費用の一部を請求することができます。また、加害者に慰謝料として弁護士費用に一部を請求できる可能性もあります。

これまで説明してきたように、交通事故の被害にはさまざまな事例があり、わかっていないと、最低限の金額しか支払われずに損することもあります。弁護士や行政書士などの専門家に聞くのが一番よいですが、お金の面で心配であれば、無料相談などで対応してみてはいかがでしょうか。

未分類 専門家に頼むべきかどうか はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.