交通事故の被害時の対応

交通事故11

交通事故の被害は、誰でも起こる可能性があります。自分や身のまわりの人が交通事故の被害にあってしまったとき、どのように対応するべきかを、きちんと知っておきましょう。特に、慰謝料や損害賠償などの金銭面においての対応は、感情的にならず、冷静に判断するべきです。

ここでは被害にあった際にどう対処するべきかをご紹介します。

自分や知人が交通事故の被害者になり、けがや損失を負った場合、まずは「損害賠償」と「慰謝料」の2つの面から考えます。(参照 - アディーレ - 交通事故 慰謝料

「損害賠償」は、実際に被った被害に対してもらう金額のことを指し、治療費や入院費、それに伴って欠勤してしまった場合の給料の損害などもこちらに当たります。

これに対して「慰謝料」は、精神的に被った被害に対してもらう金額のことです。目に見えるものではないために、なかなか判断が難しく、過去にあった事例を参考にしたり、傷害の状況や後遺症があるかなどを見たりして、総合的に判断されます。

「損害賠償」、「慰謝料」は後述にあるように、ある一定の基準をもとに算出されるものですが、一個人で判断するのはなかなか難しいものです。

特に、慰謝料は精神的なものが基準になるのでわかりやすい決定ができません。そこで専門家に聞いてみるのもよいでしょう。弁護士や行政書士に依頼すれば、個人で対応するよりも慰謝料を増額できる可能性もあります。きちんとした対処法を学び、万が一被害にあった際でも十分に補償が受けられるようにしましょう。